FC2ブログ

【リネレボ】韓国版2019年12月クラスバランスアップデート内容まとめ⑤「オーク」編

orc_3_1.png 
こちらは韓国版の情報です。
韓国では12月実装予定

この記事ではオークについてまとめ

オークレイダー(デストロイヤー)
①ウィークポイントアタック
・ウィークポイントアタックが当たった後の攻撃をより容易に続いていくことができるように移動速度減少量を上方修正
②エクスポーズウィークポイント
・スキル発動確率と持続時間を増加させる方向に改善
③フューリアススラッシャー
・ クールタイムを短縮させてより多くの利用できるように改善
④プロテクトオブデバフ
・PVP時スキル効果が頻繁に発動することができるよう発動率と持続時間を上方




オークモンク(タイラント)
①トーテムスピリッツ
・それぞれの魂の力を上方修正
・オーガ:既存の能力値に物理攻撃力%増加効果を追加
・ベア:既存の能力値にスキル1回防御効果とダメージ減少効果を追加
・プーマ:攻撃を的中させた敵より弱い状態にすることができるよう、既存の能力値に攻撃速度減少効果を追加

オークシャーマン(ウォークライヤー)
①ブレイズクエイク
・プレイヤーの受けるダメージを増加させ、重ねられた効果を最大2回に変更
②フロストフレイム
・気絶持続時間を増加させる方向に改善
③チャントオブリベンジ
・使用者の反射バフ効果を増加
・全体的な反射ダメージのバランスを合わせるためにパーティーメンバーの反射バフ効果は低減
④チャントオブライフ
・スキルの発動確率を増加させ回復量を上方

全体的に上方調整。

ただオークシャーマンの反射効果が自身の効果を増加、一方でPTメンバーの効果は低減。
これは下方調整にも思える。
シャーマン自身の反射効果が強くなってもあまり意味がなさそうだ。

関連記事

この記事へのコメント:


ページの1番上へ