【リネレボ】韓国情報:「PT向けレイドボスダンジョンの実装」「特性装備が日本仕様化」「ブレダンやウォーロードが槍と二刀流どちらもOKに!」など【開発者ノート12-5話】

※こちらは韓国サーバーの情報です※
※日本版とは異なりますのでご注意下さい※
韓国版9/4実装予定のアップデート情報
140626_2.jpg




・パーティー単位のレイドダンジョン「時空の亀裂」
時空の亀裂は、パーティー単位のレイド型ダンジョンで、既存のダンジョンに比べて、よりパーティーメンバーとの協力が必要とされるダンジョンです。
 
今回のアップデートの際には、2種の異なるストーリーとテーマのダンジョンが追加される予定で、
ダンジョンプレイの過程で連続ミッションをパーティーメンバーたちと一緒に行っていくことで強力なボスと会うことができます。
 
"特別な攻撃パターン"を持っている時空の亀裂ボスを介して新たな攻略の楽しさを感じることができるでしょう。

時空の亀裂では、このダンジョンでのみ獲得可能な、非常に希少なアイテム「マント」と、様々な補償を獲得することができます。
勇者様から愛される魅力的なダンジョンになるように終盤まで心血を注いで準備中なので期待してください。

☆管理人の解説☆
PTでレイドボス討伐を行うストーリーのある新ダンジョン「時空の亀裂」が実装されました!
こちらのボスは"特別な攻撃パターン"を持っているらしく、攻略の手ごたえがありそうですね。
現状では産廃扱いを受けているボス特性の武器・防具が輝くかもしれません!
そして報酬は新装備の「マント」です。キャラクターの外見にマントが付きます。そして装備するとステータスも上がります。ぜひ手に入れたいですね。

1504231009603.jpg
1504231016547.jpg
1504231023152.jpg
1504231029721.jpg

・「装備特性」の効果改善
装備はそれぞれ個性のある「特性」を持っています。
しかし、装備の特性の効果を体感できるほどの効力は持っておらず、状況に合わせて特性装備を活用することが難しい状況だと思っています。

私たちは、今回のアップデートを通じて勇者様方の持っている装備をよりそれぞれの個性や特性に合わせて活用することができるように、特性の効果を以下のように改善しようとします。
 
<現在>
 
<特性の効果改善後>

低レベルの特性でも十分な効果を享受することができ、
特性のレベルを上昇させるたびに、その効果が以前よりも増加することができるよう改善しました。
 
特性の効果改善に、活用先しっかりたそれぞれの装備の特性を積極的に活用して
勇者の皆様より楽しくプレイすることができますように。
 
☆管理人の解説☆
実は「装備特性」の40%は日本が先行実装の要素です。
なぜ背景装備が最強なのかと言えば、韓国版では通常特性の武器の上昇値がショボすぎたんですね。
さらに、ノーマル・エリート・ボスの特性武器を使わずともクリアできる程度の難易度調整だったので、皆がステータス値が高く対人特性である背景装備のみを強化し続けました。
ただ単純に武器特性を上方するだけでなく、新しくレイドボスダンジョンを追加したので、もしかするとボス特化装備は活躍するかもしれませんね。


・職業バランス調整
「ウォーロード、ブレードダンサー、ソードシンガー、スレイヤー」槍と二刀流の自由化!

今回のアップデートでは、全6種のクラスのスキルバランスが変更されます。
ウォーロード、ブレードダンサー、スペルハウラー、
クォーラルウィザード、ソードシンガー、スレイヤーがその主人公であり、詳細な改編内容は以下の通りです。
 
まずウォーロード、ブレードダンサー、ソードシンガー、スレイヤーのパッシブスキルである
「スピアマスタリー」あるいは「二刀流マスタリー」スキルが「アタック」に改編されます。
 
4種のクラスのすべての勇士様の好みに応じて、槍や二刀流を自由に使用できます。
以前はウォーロードとスレイヤーは槍マスタリーだけが、ブレードダンサーとソードシンガーは二刀流マスタリーのみが存在してマスタリーと関係のない武器をご使用の勇士様は攻撃力を十分に発揮することが困難でした。
 
そこで、槍あるいは二刀流武器を使用しても十分な効果を享受できるように
槍マスタリーと二刀流マスタリーをアタック(槍+二刀流)に改編しました。
 
該当スキル改編で勇者様がより個性に合わせてご希望の武器を使用することができますように。

 
「アタック」に加えて、クラス個別スキルの調整が行われるクラスに対して案内いたします。
 
・「ウォーロード」「ブレードダンサー」「スペルハウラー」「クォーラルウィザード」スキル改変
まずウォーロードの場合は、「リベンジ」スキルが改編されます。
リベンジスキルの本来のコンセプトは、自分自身を攻撃した相手に復讐するというコンセプトだが、
スキル発動条件がコンセプトに合わない部分がありました。
したがって発動条件を確率ではなく、襲撃時に攻撃力が増加する方向に改編して
攻撃されるほど、より強力になるウォーロードの姿を見せることができるようしました。
「リベンジ」(ウォーロード:パッシブ)
変更前:攻撃を受けると一定確率で自分の攻撃力が上昇
変更後:攻撃を受けると攻撃力が増加。攻撃されるほどより上昇する
 
第二に、ブレードダンサーの[ハリケーンストーム]スキルが改編されます。
既存のスキル効果の移動速度増加効果を追加して、
スキル使用中にも相手を追跡したり、回避に容易に調整しました。
「ハリケーンストーム」(ブレードダンサー:アクティブ)
変更前:早く回転しながら剣を振り周囲の敵にダメージを与えます。敵は移動速度が減少します。スキル発動中に移動操作が可能です。
変更後: 自分の移動速度の効果が追加

第三にスペルハウラーの[コラプション]スキルと[アタッキングライトヒール]スキルが改編されます。
「コラプション]の場合、幅広い領域に持続ダメージを与えるスキルというコンセプトに合わせて
被害範囲をより広げて、多数の敵に持続ダメージを与えることがように調整しました。
「コラプテション」(スペルハウラー:アクティブ)
 変更前:闇の力を使い大地を腐敗化することで範囲内にいる敵に持続ダメージを与えます。敵は防御力と移動速度が減少します。
変更点:より範囲が広がる

[アタッキングライトヒール]の場合、低生存力に戦闘を進行することが困難な部分を改善するため
の確率で回復するHPの量を増やして生存率を向上させることができるようしました。

「アタッキングライトヒール」
変更前:攻撃時、一定確率でHPが少量回復されます。
変更点:確率で回復するHP量が増加


最後に、クォーラルウィザードの[インファイター]スキルが改編されます。
既存のパーティ効果を個人の効果に変更して、受け取るダメージ減少効果を追加適用することにより、
戦闘時の生存率を向上させることができるよう改編しました。
 変更前:自分を含むパーティメンバーの通常攻撃の攻撃力が増加します。
変更点:PTスキルから個人バフに変更。スキルは受けるダメージを減少させ、生存率を高める。


勇者様方のクラス間のバランスについて与えておら多くの意見に対して、開発チームも検討して検討しています。
次のクラスバランス調整時には、勇者様方伝達いただいたご意見やアンケートの内容を最優先的に検討して進行します。
 
この他にもさらに更新されるコンテンツとイベントがたくさん用意されているので期待してください。
 
約束差し上げた9月4日のアップデートが本当に近いんでした。
 
信頼性の高いサービス、そしてすべての勇者様が満足される方向に楽しいコンテンツを提供できように
、最後に最後まで最善を尽くして努力しているので
すぐに新しいコンテンツでお伺いその日まで勇士様様も少しだけ待っていただけますようお願いいたします。
 
 
関連記事

この記事へのコメント:

  1. 名も無き冒険者 : 2017/09/02 (土) 20:43:22

    まとめ乙です管理人さん
    助かります

ページの1番上へ