【リネレボ】ネットマーブル本社質疑応答まとめ「日本では配信後に売上の最上位圏に入ると予想」「セブンナイツで蓄積したノウハウを日本運営に活かしたい」

■カンファレンスコールの質疑応答
yAYN81hY.jpg 
Q.「リネージュ2レボリューション」の第3四半期のトレンドと日本市場の見通しが気になる。
=(グォンヨウンシク代表)「リネージュ2レボリューション」が、5月まで、ユーザの指標がいくつかの下落をしたが、6月以降はDAUと売上が安定に入った。現在の売上高が小幅上方している。ネットマーブルが日本市場への蓄積された経験があり、日本に合った現地型の開発に多くのボールを入れてきた。また、長い期間、戦略的に事前マーケティングを進行して期待感が出てくるている状態だ。8月6日のショーケースを介して反応がかなり熱かった。日本に発売すると最上位圏に進入すると予想している。



Q. 9月まで超過賃金の支払いのインパクトと年末までの人件費ガイダンスが気になる。 
=(グォンヨウンシク代表)現在、具体的に支給基準を確定していない。9月末までに確定して支給する予定である。大きく業績に影響を及ぼさないレベルと予想している。

=(ドギウク財務戦略担当)はすでに第2四半期に支給された人件費について影響が大きくないだろう。第1四半期、第2四半期の幅で大幅に増加していないと予想する。


Q.「リネージュ2レボリューション」の中国進出と関連し、中国政府の動きのための公式のコメントを聞きたい。 

=(グォンヨウンシク代表)現在の版号出ていない状況である。パンホ問題について企業が言うには敏感である。しかし、テンセントと中国型ゲームの開発を継続しており、パンホを受け取るすぐサービスすることができるように準備している。


Q.日本でスマホ版MMORPGが珍しいのに、より継続的に人気が出るのか、具体的説明をお願いします
=(ベクヨウンフン事業戦略担当)、日本市場でのPC MMORPGは韓国よりサイズは小さいが、相当の市場があった。また、韓国でも「リネージュ2レボリューション」の前に、モバイルMMORPG市場がなかったユーザの学習レベルに合わせて解放出し、最終的には市場を作ることに成功しました。現在「セブンナイツ」を日本に正常に立ち上げて運営している。運営を通じて蓄積したノウハウでMMORPGをどのように受け入れるか、十分研究し、ビルドに反映した。ショーケースを通じて、潜在的なユーザーの反応も、確認したので、日本の成功を自信を持って言うことができる。


Q.東南アジア市場で「リネージュ2レボリューション」のこと売り上げがどの程度なのか気になる。 

=(グォンヨウンシク代表)東南アジアと韓国を合わせると、20億ウォン半ば以上が持続して出てきている。アジアの売上高は、国内よりも少し高い。東南アジアDAUは90万台を維持しており、国内では60万台を維持している状態だ。


Q.第3四半期には、パイプラインが細かくするためのマーケティング雨が上がるようだ。年間マーケティング費をある程度予想している 
=(ドギウク財務戦略担当)第3四半期に、日本に「リネージュ2レボリューション」発売に伴う広告費執行にマーケティング費用が大幅に下落しませんが、期待する成果が非常に大きいため全体比重は増加しないようだ。


Q.リネージュ2レボリューションは性能に比べて売上高の低下速度が速いようだ。この原因をどのように分析しており、東南アジアでは相殺することができると思いますか?

=(グォンヨウンシク代表)MMORPGモバイルを最初に普及したゲームである。外部的に評価分類の不安感とリネージュM発売期待による低下があった。これらの試行錯誤から学習したアジア市場では、かなり安定的に行われている。アップデートもユーザがどのようなものしたいのかを判断して、更新を進めており、アジア市場の指標は非常に安定している。


Q.海外進出計画と下半期発売のゲームが気になる。
=(ベクヨウンフン事業戦略担当)、日本の8月23日発表する予定だ。ウエスタン市場では第4四半期ランチングを目指し準備をしている。現在「テラM」、「ブレード&ソウルモバイル」、「セブンナイツMMO」などとともに「ファンタムゲート」、「ナイツクロニクル」、「テリア社」の第4四半期の発売を準備している。


Q. IPOで確保した資金で行うM&A戦略とIP確保方案が気になる。

=(ソジャンウォン経営戦略担当)積極的に取り組むことは、変わらない。良いM&Aの機会を多角的に検討している。


Q.カバムの「マーブルコンテスト・オブ・チャンピオンズ」の売上高とカバムが準備している次回作が気になる。
=(イスンウォン北米事業戦略担当)「マーブルコンテスト・オブ・チャンピオンズ」の売上高は前年同期比10%増加した。堅調に維持されている。月間売上高最高の売上高を更新したりした。新作を準備しているが、契約上の言うことができない。


Q.子会社の上場を計画していることがあるのか。
=(ドギウク財務戦略担当)ロードショーの時から言われた基調と大きな違いはない。持続的な成長が可能な子会社について検討している。


Q.「ダークアベンジャー3」のユーザー層と「リネージュ2レボリューション」のユーザー層が重なるか分析したことがあるか
=(ベクヨウンフン事業戦略担当)カーニバルライゼーションはないと思う。ダークアベンジャー3はARPG層を攻略しており、リネージュ2レボリューションのユーザはMMORPGだ。既存のジャンルであるARPGに流されないものと判断している。


Q.ペンタストームの現在の状況をどのように見ており見通しがどうなるのか。
=(ベクヨウンフン事業戦略担当)ペンタストームは東南アジア、中国に比べて成果を出せずにいることは事実である。操作を継続して必要とするゲームの特性が多少不振の原因ではないかと考えている。このようなジャンルを経験、消化することができる層に集中的にターゲットを絞ったマーケティングを進めている。だから、現在オサンヒャンをしており、長期的にはeスポーツ化の出発点として位置決めさせる計画を立てている。


Q.リネージュMとリネージュ2レボリューションが創出し、既存のゲームの順位が下がった。既存作の売上推移が気になる。
=(ベクヨウンフン事業戦略担当)」の両方のマーブル」、「セブンナイツ」、「マーブルフューチャーファイト」、「クッキージャム」などの追加的な低下はない。安定したPLCの管理に売上高が続いている。


Q. 4四半期に、様々なMMORPGが出てくると予想しているが、それに対する戦略は?
=(ベクヨウンフン事業戦略担当)当然だが、「リネージュ2レボリューション」、「リネージュM」だけの絶対的なサイズになるかは疑問である。私たちが準備するゲームは、売上高最上段に誘致することができると予想している。既存の運営ノウハウが準備されているゲームに反映されている。個別ゲームで構成されているのではなく、今まで間違ってよくやったもの新作に溶かしているので、よく準備すると期待する。


関連記事

この記事へのコメント:


ページの1番上へ