FC2ブログ

【リネレボ】リネレボはサービス地域に合わせたカスタムコンテンツをアップデートしている模様、他国のアプデが自国に来るとは限らないぞ!

DXrPrb5XkAA_dIm.jpg


【韓国公式より抜粋】
一部の更新プログラムの関連情報
現在の他の国でアップデートされた内容として背景装飾品の話があります。

結論だけ先に申し上げるならば、 国内(韓国)レボリューションでは背景の飾りを追加は考慮されていません。

リネージュ2レボリューションは日本をはじめ、東南アジア、 欧州/北米圏を含む多くの国でサービスされています。

しかし、それぞれの国ごとにその国に合ったカスタムコンテンツがアップデートされているので、特定の国でのアップデートが他の国と同じように適用されるとは限りません。

背景装飾品の場合は、すぐ上の内容に含まれているものです。

そのため、他の国で更新されたコンテンツであっても国内に同じように更新されていない点必ず留意していただければ幸いです。 




管理人コメント
これは日本にも同じことが言えますね。

たとえば今回の260キャップ解放アップデートで他国のエリートダンジョンに存在した「紛争地帯」が日本版には存在していません。

紛争地帯は採集ダンジョンと同様にPKペナルティのない悪魔的なマップですが、その代わり中ボスのドロップなどが非常に美味しく、それらの利権を巡ってプレイヤー同士で闘争を繰り広げるデザインでした。

みなさんもご存知の通り日本プレイヤーの多くは秩序を求める傾向にあり、システム的にペナルティのないPKが許された採集ダンジョンですら争いごとが少なく、多くのプレイヤーは自分の目の前に有る花にしか興味がありません。

仮に同時に同じ花を採集してもPKに発展することは少ないでしょう。

そういったお国柄を考慮して今回の日本版260キャップ解放アップデートから紛争地帯が削除されたのだと思います。

レベリング期間中に紛争地帯があれば確実に荒れますから正しい判断かもしれませんね。


ちなみに紛争地帯については他国の260キャップ解放アップデートに存在していたエリートダンジョン「秘密の森虐殺地」が日本版では未実装となっているので、もしかするとカンストプレイヤーが増えてきた頃に追加される可能性もあります。




ではなぜ日本版にだけカラアクセが実装されたのかと言えばそれは日本人がガチャ好きだかr…

関連記事

この記事へのコメント:

  1. 名も無き冒険者 : 2018/05/11 (金) 06:33:10

    つまり日本は回収仕様ってことですね。
  2. 名も無き冒険者 : 2018/05/11 (金) 10:10:00

    ですね。
  3. 名も無き冒険者 : 2018/05/11 (金) 10:38:42

    日本人はカモだな
  4. 名も無き冒険者 : 2018/05/11 (金) 13:36:49

    「日本版は便利なシステムは極力追加しませんご了承ください。でも課金はして下さい」

    こう言われてるも同然。
    なのに課金する人が居るから不思議。
  5. 名も無き冒険者 : 2018/05/11 (金) 20:28:17

    日本でどこでもPK可能ってなったら速攻過疎るだけw

ページの1番上へ