【リネレボ】韓国情報:決闘(PvP)上位ランカーの人気職業と人気種族まとめ【対人・PvP最強職業】

※注意※
今年2/23に発表された韓国の情報となります。
古い情報ではありますが、日本で配信されるバージョンは韓国の古いものである可能性が高いため、情報の価値は高いです。
また後日、あらためて直近の情報を出そうと思うのでお待ちください。
※※※※


今まで決闘で任意のクラスの活躍が目立ったのか、統計を総合してみました。

※この記事は、合計12台のサーバー(アデン、ギラン、ウィンダウッド、バーツ、クルマ、ハーディン、オーレン、グレシア、グルーディオ、ディオン、デポロジュ、ケンラウヘル/ 1サーバー)の1〜10位までのランカーのクラスを参照して作成しました。
bi14120306341




■120人のランカーが選択された種族は?
決闘累積勝利数1位から10位までのユーザは、どの種族を選択したのでしょう?120人のランカーユーザーが育成しているキャラクターの情報を総合した結果、ダークエルフを選択したユーザーが最も多かった。ダークエルフはクリティカルダメージと攻撃に特化した種族で、固有パッシブスキル「ポテンシャルダークエルフ」とクリティカル確率が高いのが特徴です。

他の種族に比べてクリティカルダメージを与えることができる場合が多いだけに、強力な攻撃で相手を一度に制圧するシーズン1決闘場メタで最も有利な種族であったのです。

逆に選択率が最も低い種族はドワーフです。ユニークパッシブ「ポテンシャルドワーフ」を持っており、種族の中で最も高い体力を保持することができますが、ポテンシャルドワーフがあげてくれる体力能力値は、他の種の固有パッシブ能力に比べて魅力的な能力値はありません。さらに体力は様々な装備の追加オプションとソウルストーン、モンスターコアなどで補うことができる手段が多いだけドワーフの価値が落ちるほかなかったと思います。

bi14415682537.jpg
▲累積勝利数の種族別ランカー分布図


■120人のランカーが選択されたクラスは?
1次クラス分布図を比較してみると、メイジの選択率が非常に低くなります。リネージュ2レボリューションがローンチされた直後、多くのユーザーが、メイジ系列クラスを見つけたが、短い攻撃射程距離と低生存率は、メイジ系列を避けるようにしました。特に無課金ユーザーが何の資本もなく成長させるには、成長の難易度が非常に高かったです。しかし、要塞戦の更新以降、メイジ系の重要度がますます高まっており、メイジを見つけるユーザーの数が増えている状況です。

ファイターの選択率はローグとは大きな違いがありません。そのため、ディーラーとタンカーの割合も大きな違いが見られません。しかし、2次クラス分布を見ると、考えとは異なり、ディーラーの割合が非常に高いことを確認することができます。ファイター職群だけを調べても近接ディーラー選択率がタンカー選択率よりも約1.85倍高いことを確認することができのです。さらに、ローグの2次クラスまで合わされば、より大きな違いがあります。

120人のランカーが選択された2次クラスを総合してタンカー、ディーラー、ヒーラーに分けてみるとディーラーが90人で最も多く、次いでタンカー20人ヒーラー10人の割合を示しました。

bi14442439331
▲累積勝利数ランカー1次クラス分布図

bi15502170813.jpg
▲戦闘力ランカー1次クラス分布総合(1月29日)

bi14210914606.jpg
▲戦闘力ランカー1次クラス分布総合(2月22日)

bi14469764124.jpg
▲累積勝利数ランカー2次クラス分布図
残念ながらシリエンエルダー(ダークエルフ/ヒーラー)、スカベンジャー(ドワーフ/短剣アタッカー)、ウォーレンジャー(ドワーフ/弓アタッカー)の3職は上位120人に存在しなかった模様。

120人のランカーが最終的に選択した2次クラスを見てみると、いくつかのクラスに集中ことがわかります。その中でも特にブレードダンサーは、別のクラスを圧倒する数値を見せ、1位を占めました。

ブレードダンサーのほか、さまざまなクラスが上位ランキングに含まれたが、少し残念な気持ちもしました。戦略的な戦いより攻撃力が強いキャラクターが簡単に勝つという気持ちを消すことができなかったからです。さらに、比較的評価されるタンカー型クラスも今の状況をそのまま反映するように、上位ランカーのクラス分布から低い数値を獲得した。


関連記事

この記事へのコメント:


ページの1番上へ