【リネレボ】純粋なヒーラー「セイジ」職業・クラスと評価・特徴まとめ【ヒーラー】

セイジ
ドワーフメイジから転職
タイプ : ヒーラー
武器 : 杖
dwarf_1_6.png
【概要】
HP増加と高い回復量で味方をサポートする ヒーラー
味方の最大HPを高める強化効果と種族の中で瞬間回復量が最も高いスキルを持ち、強敵との戦闘などの長期戦に向いているクラスです。HP回復効果の回復量が増えるパッシブスキルがあり、種族特有の高い体力と防御力、スタン攻撃などによりパーティーの戦闘を安全にサポートできます。

【評価】
アクティブ・パッシブ両スキルが回復に特化している純粋なヒーラー職

【動画】

>>続きを読む

【リネレボ】支援バフもできるウィザード「クォーラルウィザード」職業・クラスと評価・特徴まとめ【魔法アタッカー】

クォーラルウィザード
ドワーフメイジから転職
タイプ : アタッカー
武器 : 杖
dwarf_1_5.png
【概要】
多くの敵に継続ダメージを与える魔法アタッカー
移動速度が早いため、機動力が重要な戦場や要塞戦で活躍できます。スキルを使った強い一撃には向いていませんが、基本攻撃のダメージが高く、加えて継続ダメージを与えるスキルが使えるため、長期戦に適したクラスです。

【評価】
魔法アタッカーでありながらも強力な支援バフが使えるのが強み。
他の魔法アタッカーとの大きな違いは支援バフが味方PTメンバーにも適用されることだ。

【動画】


>>続きを読む

【リネレボ】「ウォーレンジャー」職業・クラスと評価・特徴まとめ【弓アタッカー】

ウォーレンジャー
ドワーフローグから転職
タイプ : アタッカー
武器 : 弓
dwarf_1_4.png
【概要】
継続ダメージと敵との距離の維持に特化した遠距離アタッカー
敵へ継続ダメージを与えることで、さらなるダメージ上昇が見込めます。また、相手との距離をあけて戦うことに特化した遠距離アタッカーです。スキルを用いて瞬く間に敵との距離を取ることができます。近距離タイプの相手と戦うときは戦略性が広がるため、対人戦において有利に戦うことができ、さらにボス戦でも適度な距離を保つことで身の安全を高めることが出来ます。

【評価】
ドワーフの種族で弓を使いたいならオススメ
弓職が使いたいだけなら他の3職をオススメする

【動画】

>>続きを読む

【リネレボ】敵のスキルを封じるトリックスター「スカベンジャー」職業・クラスと評価・特徴まとめ【短剣アタッカー】

スカベンジャー
ドワーフローグから転職
タイプ : アタッカー
武器 : 短剣
dwarf_1_3.png
【概要】
複数の状態異常を使い、敵のスキルを使用不可能にする万能アタッカー
対人戦において、活躍できる軽装アタッカーであり、敵がスキルを使用できないようにするスキルを用いて戦闘を妨害する役割を持ちます。さらに、広範囲に沈黙と移動速度低下スキルを使用でき、相手を中毒状態して継続ダメージを与えることも可能です。このような様々な能力により、スカベンジャーに一度捕まると逃げ切ることは出来ません。

【評価】
公式には「対人戦で活躍できる」と書かれており、理由として敵のスキルを封じる「ソニックスター」があげられています。
しかし、不思議なことに韓国の6月闘技場トップ120人ランカーの中で誰一人としてスカベンジャーの使用者はいませんでした…。

【動画】

>>続きを読む

【リネレボ】防御力を兼ね備えた火力職「スレイヤー」職業・クラスと評価・特徴まとめ【槍アタッカー】

スレイヤー
ドワーフウォーリアから転職
タイプ : アタッカー
武器 : 二刀流/槍(※パッシブで槍の攻撃力が上がる)
dwarf_1_2b.png

【概要】
攻撃と守備を同時に行う攻防一体の重装アタッカー
基本的なアタッカーよりも、高い防御力と敵の集中攻撃を短い時間なら耐えることが可能な能力を持ち、ディフェンダーの代わりにもなれるほど優れた防御力を持つアタッカーです。また、攻撃速度の速さと離れた敵に瞬時に近づくスキルを持ち、対人戦でも有効な重装アタッカーです。

【評価】
7/17に韓国で上方調整が入りました。
自己バフ「アングリードドワーフ」から防御力減少デバフが削除され、さらに敵から受けるダメージが減少する効果が追加。これにより、攻撃力増加+受けるダメージ減少というメリットのみが存在する強力な自己バフに生まれ変わりました。
さらに「オートクレーブインパクト」に一定確率で攻撃対象を増やす効果が追加され、以前よりも使いやすくなっています。

【動画】

>>続きを読む

【リネレボ】アクティブスキルが少なく操作しやすい「ガーディアン」職業・クラスと評価・特徴まとめ【ディフェンダー】

ガーディアン
ドワーフウォーリアから転職
タイプ : ディフェンダー
武器 : 片手剣
dwarf_1_1.png
【概要】
範囲攻撃と集団を足止めするスキルで戦うディフェンダー
範囲攻撃と集団を足止めするスキルに加えて、ドワーフという種族特有の優れた体力により、ディフェンダーという役割の中でも操作難易度が比較的簡単なクラスです。対人戦でも広範囲に向けて移動制限をかけるスキルを駆使して、相手プレイヤーを混乱させることが得意です。

【評価】
アクティブスキルが2種類しかなく、2次クラスとしてはかなり少なめ。
他の種族のディフェンダーがそれぞれの得意分野に特化している中で、個性が足りないガーディアンは少し見劣りするかもしれない…?

【動画】


>>続きを読む

【リネレボ】敵の強化バフを打ち消すデバフ職「シリエンエルダー」職業・クラスと評価・特徴まとめ【デバフ系ヒーラー】

 シリエンエルダー
ダークエルフメイジから転職
タイプ : ヒーラー
武器 : 杖
darkelf_1_6.png
【概要】
吸血したHPで味方を回復しながら戦闘補助も得意とするヒーラー
吸血したHPを味方に分配することでパーティ戦闘での安定性が増します。したがって、攻撃力が高いパーティーほど能力を発揮できます。PvPでは敵の強化効果を解除するなど様々な戦い方で活躍できるヒーラーです。

【評価】
味方への支援に特化したエルダーとは対照的で「敵へのデバフ(妨害)」に特化したのがシリエンエルダーだ。
特に強力なのは「ブラッディレイジ」で、このスキルを受けた敵の強化効果を消し、移動速度を減少させる。
地味ではあるが、確実に敵の戦力をそぎ落とせるだろう。

【動画】

>>続きを読む

【リネレボ】高火力ウィザード「スペルハウラー」職業・クラスと評価・特徴まとめ【魔法アタッカー】

スペルハウラー
ダークエルフメイジから転職
タイプ : アタッカー
武器 : 杖
darkelf_1_5.png
【概要】
狭い範囲に強力なダメージを与える魔法アタッカー
他の魔法アタッカーに比べて広い範囲への攻撃は得意ではありませんが、狭い範囲に対して、強力な攻撃が得意です。自分の攻撃力を上昇させられる強化スキルを持っており、直線上の狭い範囲に攻撃する能力は他のどのクラスよりも優れています。魔法アタッカーとして強力な攻撃力はどの場面でも活躍できます。

【評価】

【動画】

>>続きを読む

【リネレボ】瞬間火力の弓職「ファントムレンジャー」職業・クラスと評価・特徴まとめ【弓アタッカー】

ファントムレンジャー
ダークエルフローグから転職
タイプ : アタッカー
武器 : 弓
darkelf_1_4.png
【概要】
強力なスキルを活用する遠距離アタッカー
大きなダメージを与えられるスキルを複数持っており、瞬間的に攻撃力を爆発させて戦うことができます。ボスレイドやフィールドでの狩り、PvPなどいかなる戦場でも周囲に重宝される、優秀な能力を発揮できます。

【評価】
もともと強かったが7/17に韓国で上方調整され、さらに強くなった。
攻撃速度を上げる「ラピッドファイア」はデメリットとして射程距離が短くなったが、こちらのデバフが削除され、単純に強い自己バフに。
さらに攻撃スキル「デススティンガー」のスキル使用前の動作速度がアップした。(動画を見るとわかるが、攻撃前にくるりと1回転する。この動作が速くなった)
火力のある弓職で遊びたい人にオススメ

【動画】

>>続きを読む

【リネレボ】韓国人気No.1の最強職「ブレードダンサー」職業・クラスと評価・特徴まとめ【二刀流アタッカー】

ブレードダンサー
ダークエルフウォーリアから転職
タイプ : アタッカー
武器 : 二刀流/槍(※パッシブの関係上"二刀流"を使わないと火力が出ません)
darkelf_1_2a.png
【概要】
パーティーの戦闘力を極大化させる重装アタッカー
パーティメンバーの攻撃力と攻撃速度を増加させる全体強化スキルを持つため、ブレードダンサーがいるパーティーは攻撃面で他より優位に立つことが出来ます。フィールドでの狩りやエリートダンジョンなど攻撃力が重要な局面に適しているクラスです。

【評価】
韓国で絶大な人気を誇る最強職「ブレードダンサー」
評価だけを聞くと単純な火力アタッカーかと思いきや、実はソードシンガーと同じく、なんと支援系アタッカーだ。
ブレードダンサーの人気はPTメンバーの戦闘力を上げるダンス系スキルの強さにある。
要するにブレードダンサー本人もそこそこの火力があり、加えて強力なPTバフもあるから人気なのだ。

ちなみに韓国6月の闘技場トップランカー120人中25名が全24職ある中でブレードダンサーを選択し、人気1位であった。さらに言うと今年2月の同調査でも1位であったが、そのときの人数は22名、なんと減るどころか3人も増えている。この勢いはいつ収まるのだろうか。

>>続きを読む

ページの1番上へ | 次へ>>